top of page

プレミアムイベントで料理提供の機会

Green Diningでは、シェフの皆様と様々なコラボイベントの企画・運営も行い、シェフ活躍の機会を作っています。海外からの著名人とのコラボイベントで料理を提供してもらうこともあり、シェフからは「自分の経験値を上げることができ、その後の仕事にも繋がるようになった」とのコメントを頂くような活躍の場の提供をしています。この記事でご紹介するのはその一例として「プレミアムワイン会」でのシェフの料理提供の場です。


イベントは、ワイン愛好家にはよく知られている「カナダの天才醸造家 ノーマン・ハーディ」の来日にあわせて行なったもの。ノーマンは、世界的にも有名なカナダのワイナリーオーナーで、英国チャールズ皇太子ご夫妻や各国の著名人も彼のワイナリーをご訪問されています。

その「世界のノーマン」のカナダワインにあわせて、料理を担当してもらったのはGreen Diningの若山シェフ。Green Dining側ではイベント会場手配や集客に加え、ノーマンやシェフと細かい打ち合わせを進めていきます。シェフも、このイベントにどんな料理を出せば喜んでもらえるのか、ノーマンのカナダワインの特徴を調べ、それぞれに合う料理は何かをシェフなりに調べ上げ「試作を重ねてメニューを作り上げた」と言います。目玉料理として、月間40頭しか出荷されておらず、過去に全国の和牛品評会で2連覇の「幻の和牛」と言われている「尾崎牛のタタキ、サマートリュフのせ」を登場させました。さらに、熟成クエやヒラメ昆布締め、マグロのお寿司を現地で握り、お出しするというライブサービスも。ノーマンのワイン作りにかける熱い想いやここに来るまでの数々のライフストーリーを聴きながら、カナダワインと和食のマリアージュを楽しんでもらう場となりました。


Green Diningでは、シェフの皆様の経験が活かせる場を数多く作っています。新しいことにチャレンジしたい、というシェフの皆様、ぜひGreen Dining Chefに登録下さいね。


サイトの右上の人マークをクリックして新規登録をしてください

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page