top of page

事業再構築補助金 3月公募開始

シェフ、飲食店経営者の中には、コロナ禍で料理提供方法の変更や業態転換を考えている方もいるかと思います。今回は、新たにテイクアウトをはじめたり、インターネットでの販路拡大などに活用できるかもしれない「事業再構築補助金」の公募情報をお伝えします。

どうぞご確認ください。


今年度の国の第3次補正予算で実施される中小企業等事業再構築促進事業「事業再構築補助金」の公募が3月に開始されます。新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取り組み、事業再編等を支援する事業で「小規模事業者」や「個人事業主」も対象です。

申請は電子申請システムのため、本補助金のご活用をお考えの方は、事前のID取得が必要です。


以下、経済産業省HP資料から抜粋

■中小企業等事業再構築促進事業の活用イメージ

・喫茶店経営

 →飲食スペースを縮小し、新たにコーヒー豆や焼菓子のテイクアウト販売を実施

・居酒屋経営

 →オンライン専用の注文サービスを新たに開始、宅配や持ち帰りの需要に対応

・レストラン経営

 →店舗の一部を改修し、新たにドライブイン形式での食事のテイクアウト販売を実施

・弁当販売

 →新規に高齢者向けの食事宅配事業を開始。地域の高齢化へのニーズに対応。


■補助対象要件

①申請前の直近6カ月間のうち、任意の3カ月の合計売上高が、コロナ以前の同3 カ月の合計売上高と比較して10%以上減少している中小企業等。

②自社の強みや経営資源(ヒト/モノ等)を活かしつつ、経産省が示す「事業再構築指 針」に沿った事業計画を認定支援機関等と策定した中小企業等。


ご注意ください!

申請にはGビズIDプライムが必要のようです。

発行に2〜3週間かかるため、補助金の申請をお考えの方は事前に確認ください。


正式な公募要領は3月発表予定です。

現段階での必要要件、補助金額などはこちらをご確認ください。

お問合せ先:中小企業庁 経営支援部 技術・経営革新課

電話:03-3501-1816


Comments


bottom of page